タイヤ交換に使う工具、作業方法についてわかりやすく詳しく解説するサイト『タイヤ交換法』

●●●取り外し●●●

【ナットを緩める】

ホイールカバーをはずし、ホイールレンチを利用してナットを緩めます。
タイヤが地面から浮くところまで持ち上がっていると、ナットを緩めようとレンチを
回しても、タイヤ自体が回転してしまいます。
先ほどのジャッキアップでタイヤが接地している状態で止めたのはこのためです。
十字レンチでナットを緩めていくのですが、まずはは緩めるだけでナットを取りはずす
必要はありません。
もしナットが固着して十字レンチで回らない場合は、ブレーカーバーのように強力な力を
かけられる工具を使います。
ナットが固着して回らないからと、レンチをかけてその上から体重をかけて回す、という
人もいますが、これはボルトに対して回転方向ではなく、ボルトを曲げる方向に大きな力が
かかってしまいます。
ですので、決して乗っかって回す方法はしないようにしましょう。
もしこういう工具がなく、自力でナットを外すことが出来ない場合は、無理をせずに
ディーラやカーショップに持っていって外してもらいましょう。

【ジャッキアップ】

すべてのナットが緩んだら、ジャッキのクランクを回してさらに車を持ち上げます。
今度はタイヤが1〜2cm浮くぐらいまで持ち上げます。

【ナットを外す】

タイヤが地面から離れたらナットを外しますが、順番としては対角線の順に外し、
一番下のナットを最後に外します。
外したナットは失くさないように注意して下さい。
タイヤが傾いて作業しにくい場合は、タイヤを足などで押さえると良いでしょう。

【タイヤを外す】

タイヤを両手で持ってもバランスがとりにくいときは、靴先をタイヤの下に入れて
支えながら外しましょう。