タイヤ交換に使う工具、作業方法についてわかりやすく詳しく解説するサイト『タイヤ交換法』

●●●取り付け●●●

【タイヤの取り付け】

取り外したタイヤを、安全対策のために車体の下に入れておいたタイヤと入れ替えます。
クルマのボルトとタイヤのホイールの穴を合わせて取り付け、手でナットを締めます。

【ナットで止める】

ナットを十字レンチで締めていきますが、まだこの段階では強く締めこむ必要はありません。
気をつけたいのが、ホイールがボルトの奥までしっかりはまってるかどうかです。
タイヤを軽く叩いたり蹴ってみたりして、奥まではまっていることを確認しましょう。
ただし、あまり力を入れ過ぎるとジャッキが倒れてしまいますので注意してください。

【締め増しする】

タイヤがほんの少し地面に付くところまでジャッキをおろします。
タイヤが接地するまで下がったら、レンチを使ってナットを締め増しします。
締めていく順番は対角線の順で、少しずつ2〜3回に分けて締めましょう。
一番最後にトルクレンチを使って増し締めをするので、まだここでは力一杯締める
必要はありません。

【ジャッキを外す】

ジャッキを完全におろし、車体の下からどかします。

【適正荷重でナットを締める】

適正な締め込みトルクでナットを締めるため、トルクレンチの設定値を調整します。
このトルクレンチは規定トルクに達すると、頭の部分がカチッと折れて知らせて
くれるため、設定した荷重でナットを締めることが出来ます。
ここも対角線の順で締めていきます。