タイヤ交換に使う工具、作業方法についてわかりやすく詳しく解説するサイト『タイヤ交換法』
タイヤ交換に使う工具、作業方法についてわかりやすく詳しく解説するサイト『タイヤ交換法』


車における基本的な作業として、教習所でも教わるタイヤ交換があります。
最近ではあまり起こらなくなりましたが、車のタイヤがパンクした時、冬用タイヤに交換
するときなど、タイヤ交換をする機会はあるものです。
パンクしたならJAFを呼んで交換してもらい、冬用タイヤへの交換はカー用品店などで
交換してもらう、ということも出来るのですが、タイヤ交換程度は自分で出来るに
こしたことはありません。
JAFなどの救急サービスは連絡してもすぐには来ませんし、冬用タイヤの交換でわざわざ
お金を払って作業の順番待ちをするのももったいないです。
タイヤ交換はそれほど難しい作業ではありませんので、自分で出来るのなら救急サービスを
待つ必要もありませんし、工賃を払って作業をしてもらう必要もありません。
このサイトではタイヤ交換の方法を説明しています。
練習のつもりで、一度自分でタイヤ交換をしてみてはいかがでしょうか。

レンタカーなら24時間ロードサービス利用可能!
レンタカー名古屋は軽自動車専門の格安レンタカー会社。
営業車にかかっているコストを見直してみませんか。
断然おトク!レンタカー名古屋
http://0120490099.com/

ジャッキ

ジャッキには2つのタイプがあります。ひとつはボトル式という物で、 筒が伸びていって車を持ち上げるタイプです。

作業場所

タイヤ交換の作業をする場所は、下がアスファルト、コンクリートなどの硬く安定した場所で行ってください。

ナットを緩める

タイヤが地面から浮くところまで持ち上がっていると、ナットを緩めようとレンチを回しても、タイヤ自体が回転してしまいます。

輪止め

作業中にタイヤが回転して車が動かないよう、タイヤを固定する道具です。

輪止めをする

作業中に車が動かないようサイドブレーキをしっかりかけて、交換するタイヤと対角線上にあるタイヤに輪止めをします。

タイヤの取り付け

取り外したタイヤを、安全対策のために車体の下に入れておいたタイヤと入れ替えます。